〜forever with you〜
〜私が愛したマシン〜


ACCORD AERODECK
〜大衆に拒まれた前衛的スタイリング。孤高のアコード・エアロデッキ〜
94y〜97y




 アコード・エアロデッキ…
それは私にとって、もっとも思い出深いクルマのひとつである。CA3

 『スーパービュレット(弾丸)フォルムのアコード誕生』
 この三代目アコードがデビューしたのは85年の夏であった。ワイド&ローのスタイリッシュで空力特性に優れたヨーロピアン調のボディ。リトラクタブルヘッドライトを特徴とするギミックなデザイン感と独特の雰囲気。量産FF車初の4輪ダブルウイッシュボーン採用によるソフトな乗り心地。ホンダの真骨頂であるエンジン技術、ZC型に続くツインカム採用…など、そのバタ臭いデザインコンシャスなルックスと共に業界の話題を呼んだのだった。
 当時私はまだ高校生であったが、街を駆け抜けるアコードを見るたびに美しいと思っていた。その頃はさほど車には興味を持ち合わせていなかったが、どうやらホンダオタクとメカフェチとデザインコンシャス(他の人が乗っていないような)なクルマが好きという下地がこの頃出来上がったようだ。やがて月日は流れ、貧乏な学生時代の「クルマなんか走れば良い」から、社会人となり、「自分でこだわって選んだもの」という風にクルマの価値基準も変わってきた。クルマの選択に趣味性が出現しだしたのもこの頃である。
 今までは親類からタダ同然で貰ったクルマを乗り回していたが、社会人としての一歩を踏み出そうとする94年12月、初めて自分で買ったクルマがこの「アコード・エアロデッキ2.0Si」であった。当時コイツを買うためにヤマト急便で車両持込の宅急便アルバイトをして資金を稼いだ。高校生の頃から想い続けてきた思慕の情がやっと実り、納車のときの喜びが今でも懐かしく思い出される。ウナギイヌ的なロングルーフスタイル

 『時代に早すぎた個性・スポーツワゴンの始祖』
 今でこそSW(ステーションワゴン)は市民権を得て、新しいライフスタイルが抱けそうなカッチョ良いクルマ…という認識と幻想がされているが、一昔前までは、SWといえど営業のバンのようにビジネスライクで、貧乏臭いクルマと捕らえられがちだったのである。いくらヨーロッパではセダンよりワゴンの方が、ステータスが上だと説いても悲しいかなウサギ小屋に住む勤勉な日本人には、バカンスも+アルファの荷室の贅沢さも無縁だったのである。もとい一番大切な休日を「余暇」と漢字で表すほど、仕事中毒の国なのですから…。
 話が大分脇にそれてしまったが、85年当時はまだレガシィに始まるワゴンブームなどなく、ミニバン、クロカン4WDというジャンルも当然市場に認識されていない状況であった。今でこそ「スポーツワゴン」や「ショートワゴン」という表現で、ハッチバック車をスタイリッシュな外観とスポーティーな味付けでPRするニッチ(アルファスポーツワゴンやインプレッサ、ファミリアSワゴンなどのカテゴリ)もあると思われるが、広大なホイールベースを持った、2ドアロングルーフ・ハッチバックなどという(今でも!!)カテゴリ不明なエアロデッキに対して、大衆は理解出来なかったのである。
 一応国内専用車であるが、少数がヨーロッパにも輸出されたようだ。元々欧州には、「ハンターブレイク」という軽便に使えるスポーティーなワゴン(ブレイクもエステートも同義語)のカテゴリがあり、イギリスのリライアントシミターなどが知られている。欧州のモーターショーでは「世界でもっとも空力的に美しいハッチバック」と賞賛され、オリジナリティーを尊ぶヨーロッパ人にはスタイルを理解されたようだが、日本人から見れば、のっぺりと低く長いルーフが続く、「ウナキイヌみたいなシビックのでかい奴」くらいにしか思われなかったのか、さっぱり人気が出なかった。一部都会のカタカナ職業の方々にもてはやされた傾向にあったが、これが全体の人気を底上げする動力にはならず、平成元年式の最終型までカルトカーとしての人生を終えた。
 一方セダンタイプは、日米欧共にそこそこ売れ、特にアメリカ市場ではHONDAブランドは絶大の信頼と人気を誇り、アコードをベストセラーカーの地位へと一気に登りつめさせる栄光ある型式(注;先代より)となった。映画「危険な情事」などでも登場し、アメリカのストリートに最も似合うメーカーとなった。余談ではあるが、US.NAVYの基地のある横須賀に住んでいるのだが、彼らNAVY達のHONDAブランドに対する信頼は絶大で、彼らのマイカーの半数程度はHONDA車である。今でも横須賀の街はリトラ全盛時代のHONDA車が多く走っている。


 『ロングルーフデザインへのシンパシー』
 ロングルーフのクルマが堪らなく好きである。つまりフェンダーから持ち上がったAピラーのラインが、ルーフラインにつながり、トップから繊細なシルエットを描きつつテールエンドに収束してゆく、そんなロングルーフを強調したクルマに強いシンパシーを感じるのだ。いわば「ロングルーフフェチ」と言ってもよい。私がもっとも好きなロングルーフのクルマは、言うまでもなくこのアコードエアロデッキなのだが、他にも3台ほどそのデザインにほれ込んでいるクルマがある。一つ目は「アルファロメオ145クアドリフォリオ」そう現在所有している愛車である。自分にとってエアロデッキのMC(モデルチェンジ)版が145なのである。それ程エアロデッキは見る者(私)に与えた心理的影響が強かったのである。二つ目は「日産パルサーEXA」このクルマは一種のパイクで、グラストップの素材によりBピラー以降のキャビンの着せ替えが出来た。クーペとキャノピーの二種類に変更できたが、キャノピースタイルが極めてロングルーフで、グッと来る堪らないスタイルをしいていた。三つ目はフランスのシトロエンXMブレークで、これもワゴンボディである。SNCFのTGVに似たアバンギャルドなデザインをしており、ハイドロのローダウン時のペタペタ感が、これまた堪らなくソソるものである。
[変態ロングルーフ3車種を見てみる]
     
 「エアロデッキのカーライフ」
 そんな言わば「変態グルマ」好きな私だが、やはりこういうクルマには一部熱狂的なファンがおり、エアロデッキも例外ではない。一頃の高値の時は、希少色でスポーティーな黒灰ツートンのエアロデッキSiがかなり高価格で売買されていた。かなりカルトな話題であるが、埼玉の某ショップでデットストックで見つかったと推察されるエアロデッキの新古車がなんと270万くらいの高価格で販売されていたのを覚えている。新車時より高い価格なのだ。現在は最終型でも10数年落ちとなるので、一頃の高値は崩れているが、生産台数の少ない希少性と強烈な個性により、ずっと維持し続ける「秘蔵系」のクルマ故、探すのにはとても苦労をさせられた。まぁそれが楽しいのだが、約一年近くカーセンサーとにらめっこをしながら、随分中古車屋を回ったものだった。幸いとても程度のよい個体とめぐり合う事が出来、ほぼ希望通りのグレード(Si)・色(白灰ツートン)サンルーフのモデルを購入した。
 今でも平成元年最終型のタイプSi、黒×灰ツートン、5速マニュアル、サンルーフ、ALB(当時ホンダはABSをALBと呼んだ)付きがあれば、欲しいと思うくらいである。(恐らく国内に50台とあるまい)
 特にトラブルの多いクルマではなく、A/Cのクーリングレジスターとリアハッチのダンパーがへタったくらい。(注;なんと羽付きと無しとでは、ダンパーの減衰力の違う仕様が用意されていた)あとは特に問題がなかった。
 ドライブフィールは、まだホンダ車が個性的だった時代のもので、異様に着座位置の低い「ホンダポジション」に身を包むとカウルトップもスカットルも低く視界がやたら良い。絶妙な位置にあるサンルーフと相まって、とても開放的なのだ。走り出すと当時のホンダ車特有のサスペンションストロークの浅い、ロールを拒むようなオン・ザ・レールのドライブフィールが味わえる。実用車にしてはクイックな味付けのステアと共に小気味よい走りが楽しめる。トヨタ車は50メートルも走れば大抵飽きてしまう、つまらないクルマがほとんどだが、ホンダの場合、高回転でのエンジンのスムーズさや元気さもあり、少々子供っぽい面もあるが、運転がとても楽しく感じられる。
 インテリアはシンプルでヨーロッパ的な、使う人のセンスによって左右されるものである。ドメスティックな日本車の「浪花節」的ゴテゴテ感がなくとても好きになれた。クルマのエクステリア、インテリア共に気に入らないと私はまず買う気になれない。以前スバル・インプレッサを買う寸前までいったが、インテリアの田舎感に嫌気が差し、断念した事がある。やはり運転中はインテリアしか見えないので、気持ちよくドライブしたいものである。
 エアロデッキの後席に目を移すとそこにはロングルーフの恩恵を受けた妙に間延びした空間が広がっており、運転席より後ろを振り返り、独特の空間を眺めるのがとても好きだった。

 その後アコードエアロデッキは4代目アコードへ引き継がれる事なく、アコード3ドアハッチバックモデルの歴史と共に幕を閉じる事となる。
しかし遺伝子は脈々と生き続け、4代目からは「アコードワゴン」としてコンセプトを継承、CB9、CE1、最新型のCH9と継承されている。
また昨今のミニバンブームにより、モノフォルムの新提案セダンとしてアヴァンシアが登場、この開発陣はかつて前衛的だった、エアロデッキを徹底的に解明し、開発に生かしたという逸話が残されている。エアロデッキの後継車は、惜しくも途絶えてしまったが、このアヴァンシアが残されたDNAを伝承するクルマといえるかもしれない。良くも悪くも不人気車というところまで、似ている事も…

 エアロデッキは、後継車たるアルファロメオ145と入れ替わり、現在は先輩が所有している。どうしても思い入れの多いクルマなので、知人にいつまでも持っていて欲しかったのである。まるで別れた恋人をいつでもヨリが戻せるように友達に押し付けたようで、このクルマに対する愛情に自分でも苦笑してしまう。(了)


当時のカーグラadより

アコード・エアロデッキに栄光あれ!



[TURBO’GARAGEへ]
[ホームへ]