変態ロングルーフ3車種




【1】ALFAROEO 145 
 現在の愛車。みんな似たり寄ったりのハッチバック車の中、世界に二つと無い奇抜なデザインである。
猛禽類が獲物を狙うかのような、V字をモチーフにしたフロントマスク、ボンネットからリアまで一直線に伸びるルーフライン、リアの造詣もフロントマスクに倣ったV字のもの、とデザインへのこだわりが多い。その変態度はザガートSZに相通ずるものがある。

    



【2】CITROEN XM BREAK
 「ハイドロ」というサスペンションやブレーキ系統などを制御する独特の機構を有するシトロエン。昔からわが道をゆくイノベーションを貫き、唯我独尊のヘンタイクルマを数多く世に出してきた。
 このXMブレークもフランス国鉄SNCFのTGVを連想させるような前衛的デザインである。ハイドロをいちばんローダウンさせたときのカッチョよさといったら堪らないものがある。

             



【3】日産 パルサーEXA
 これもかなりカルトな「秘蔵系」の超希少車。ローダウンされ(写真より5センチはシャコタンにしないとカッコ悪い)改造されたものが多く、程度の良い個体はほとんど残っていないだろう。リトラクタブルのヘッドライトに2ドアロングルーフの組み合わせは、同年代のエアロデッキと共通するデザインである。Bピラー以降の部分(グレーの部分)が着せ替えが出来、この他にノッチバッククーペ風のカウルがあった。

                   



[プラウザの×ボタンで終了してください]